iPhone XR、2019年第1四半期の需要も期待できず

Apple製品の予測で有名なアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が、2019年第1四半期(1-3月)におけるiPhone XRの需要を下方修正しました。

当初の予測は、4,700-5,200万台でしたが、最新の予測では、約20%も需要予測を引き下げ、3,800-4,200万台としています。

下方修正の裏には、旧型iPhoneの売上増がありますが、到底iPhone XRの売上げ減少を補うまでにはなりません。

ただし、iPhone全体の売上げは、iPhone XS/Maxの単価が高いことから、それほどの現状とはならない見込みです。

年間のiPhone販売台数は、2018年には2億0,500〜2億1,000万台で、 2019年には18,8〜19,400万台となる見込みです。

(via MacRumors

以下は廃止されたのが残念なiPhone SEの記事です。