著名アナリスト、2019年第1四半期におけるiPhone XRの出荷予測を15-20%引き下げ

著名アナリストであるMing-Chi Kuoが、2019年第1四半期におけるiPhone XRの出荷予測を15-20%引き下げています。

この結果、第1四半期の出荷見積もりは前回の55〜6000万台から4700〜5200に引き下げられました。

なお、今四半期のiPhoneの出荷台数は前回予測した75〜80百万台と変わらないとのことです。

2019年第1四半期に下方修正した理由として、中国市場において、米中貿易戦争による消費者感情への影響、iPhone XRの価格が高すぎると考えるユーザーの存在、Huaweiのスマホとの競争などがあげられます。

確かにiPhone XRのベゼル幅は、価格にしては広すぎる印象です。

(via MacRumors