Apple、2018年度第4四半期(7-9月期)の決算を発表!7〜9月期として過去最高の業績

Appleは本日、2018年9月30日を末日とする2018年第4四半期の業績を発表しました。
当四半期の売上高は629億ドルと、前年同期と比べて20%増大、当四半期の希薄化後の1株当たり利益は2.91ドルと、41%アップとなりました。当四半期の米国市場以外の売上比率は61%でした。
 サービス収入は2017年度第4四半期の79億ドルから2018年度第4四半期には100億ドルと27%増加しました。
「20億のiOSデバイスを出荷し、App Storeの10周年を迎え、Appleの歴史の中で最も収益と収益を上げた年である、驚くべき会計年度である2018年を報告することに感謝しています。」と Apple CEOのTim Cook氏が述べています。
営業キャッシュフローは195億ドルを生み出し、9月期の株主には230億ドル以上の配当と株式の買い戻しを行い、2018年度に戻った総資本はほぼ900億ドルになりました。
「Appleの前年同期比売上高成長率は4四半期連続で加速し、7~9月期はEPS(1株当たり利益)の成長が24%に達しました。また、営業キャッシュフローも157億ドルという力強い数字を生み出し、資本還元プログラムを通じて110億ドルを株主に還元いたしました」と、AppleのCFO(最高財務責任者)、ルカ·マエストリは述べています。
Appleは2018年度第1四半期の業績について、以下の予想を提供しています。
  • 売上高として890億ドルから930億ドル
  • 売上総利益率として38%から38.5%
  • 営業費用として87億ドルから88億ドル
  • その他の収入/(費用)として3億ドル
  • 税率16.5%
Appleの取締役会は、同社の普通株式1株当たり0.73ドルの現金による配当を宣言しました。配当金は2018年11月13日の市場取引終了時点で株主名簿に記載されている株主を対象に、2018年11月15日に支払われます。