iOS 12.1、パフォーマンス管理機能がiPhone 8/8 Plus/Xで利用可能

公開されたばかりのiOS 12.1において、パフォーマンス管理機能がiPhone 8/8 Plus/Xで利用可能となっています。(これまではiPhone 6/6s/7/SEで利用可能でした)

それは以下の画面(画像)で、「設定」ー>「バッテリー」ー>「バッテリーの状態」で確認できます。

この画面では、バッテリーの劣化状態と、ピークパフォーマンスの管理に対応しているかどうかが表示されます。

自分のバッテリーの状態を把握しておくことで、バッテリーが突然無くなるとかの不安定要因を認識しておくことができます。

(via MacRumors