Apple、あまり使用されていない「3 D touch」を削除し「Haptic Touch」に移行か?

iPhone XRには、コスト削減のために3D Touchが削除されたと報道されていきましたが、3D Touch削除は、iPhone XRにとどまらず、今後、すべてのiPhoneに広がるかも知れません。

3D Touchは、iPhone 6s / 6s Plusで導入され、もちろんiPhone XSとMaxにも搭載されています。仕組みはディスプレイを強く押し込むことで、ショートカットやプレビュー機能が働きます。その際には、感圧センサーによって、リニアモーターが作動し、振動が指に伝わります。

iPhone XRの「Haptic Touch」は、これと同様の機能を長押しによってサポートし、通常のバイブレーションが作動します。

機能的には、同じ動作がサポートされ、ただ、強く押すことが、長押し(アプリの移動ができる長押しよりも短く)で対応することに変わっているだけです。

このことから、今後のiPhoneのすべてが「Haptic Touch」に移行する可能性があります。

(via MacRumors