iPad Pro(2018)のスペックが明らかになる!USB-C搭載、次世代のApple Pencilが登場

iPad Proの開発に詳しい情報源からの話として、その仕様が明らかになってきました。これは開発者に公開されているiOS 12.1 betaの内部でも確認できます。

iPad ProのWi-Fiモデルのモデルコードは、iPad8,1、iPad8,2、iPad8,5、iPad8,6となります。セルラー対応モデルは、iPad8,3、iPad8,4、およびiPad8,7、iPad8,8です。

要するにサイズ別にWi-Fiが2モデル、セルラーが2モデルということになります。

iPad Pro(2018)のディスプレイは、エッジツーエッジのスリムベゼルで、ホームボタンはありません。

iPhone XSと同様のFace IDが搭載されますが、iPhoneのようなノッチはありません。進化しているのは、横向きでもFace IDが動作することです。

ただ、横向きのFace IDを利用する場合は、横向きでFace IDの設定(顔の読み取り)する必要があります。

新しくUSB-Cポートを搭載し、2018 iPad Proは4K HDRビデオを外部ディスプレイに出力可能です。

その際、解像度、HDR、輝度等を調整できる新しい設定パネルがiOSに搭載されます。

また、新しいApple Pencilが登場します。AirPodsやHomePodのようにiPadに近づけるとiPad Proとペアリングできます。

iPad Pro(2018)には、新しいアクセサリ用に磁気コネクタが搭載されます。コネクタは背面にあり、スマートキーボードや他のサードパーティ製アクセサリーなどに対応します。

(via 9 to 5 Mac