Apple、App Storeの検索広告を北米、ヨーロッパ、日本を含むアジアで展開中

Appleが、App Storeの検索広告を北米、ヨーロッパ、日本を含むアジアで展開し、広告の表示される国や地域を拡大させています。

Appleは先月、検索広告の基本プラットフォームを8月22日に拡大すると発表していました。現在、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋の13カ国に広がっています。ユーザーがアプリを検索すると、App Storeの関連検索結果の一番上に広告アプリが表示されます。

開発者は、以下の13カ国でApp Storeの検索広告が利用可能になっています。

フランス、ドイツ、イタリア、日本、韓国、スペイン、米国、オーストラリア、カナダ、メキシコ、ニュージーランド、スイス

検索広告は、開発者がApp Storeでの広告キャンペーンを実施する際に非常に簡単な方法です。検索広告は、これまで米国に限られていました。

Apple→Apps. Discovered.

(via 9 to 5 Mac