Marzipan(iOSのMacへの移植)、来年にiOSアプリをmacOS Mojeveで動作するよう移植可能に!

Appleは、WWDC 2018で、以前はiOSでしか利用できなかった4つのアプリ、ストック、ニュース、ホーム、ボイスメモをmacOS Mojeveで動作させて見せました。

おそらくサードパーティアプリ開発者によるiOSアプリのmacOS上への移植については、MarzipanというプロジェクトとしてApple内部では知られています。

Appleは、移植に際して外観をあまり変化させないように考えていますが、それでもmacOSで動作するためにある程度のUIの変更は必要です。

例えば、iOSタブバーが消え、セグメント化されたコントロールを備えたmacOSネイティブツールバーに置き換えられます。

また、iOS上での3Dタッチジェスチャーは、ダブルクリックで置き換えられます。

macOSで通常利用できるコンテキストメニュー、メニューバー、半透明のサイドバー、ウィンドウツールバー、タッチバーなどがありますが、これはUIKitの新しいクラスを利用してiOSアプリに組み込み、Mac上で動作させることができます。

当面、Marzipanで実装されないものとしては、iOSアプリのマルチウィンドウ化です。

ユーザーにとって、日頃iPhoneで使い慣れているアプリがMac上で利用できるということは、Macの利便性が向上するので嬉しいことですね。

(via 9 to 5 Mac