Apple、中国政府の求めに従い、ついにiCloudデータを中国国内のさーばーに移行

Appleは、中国政府から中国国内のユーザーのiCloudデータを中国国内のサーバーに置くことを求められ、これに従うと発表していました。

米国時間の2月28日、Appleの中国iCloudサービスは、米国のホスティングサイトから国営の中国企業Guizhou-Cloud Big Data(GCBD)(CNN経由)が所有および運営するサーバーに正式に移管されました。

これにより、iCloudアカウントのロックを解除するために必要なiCloud暗号化キーとともに、すべての中国語ユーザーのiCloudアカウントがGCBDのサーバーでホストされるようになりました。

Appleは、クラウドサービスに関する規制に関して中国で制定された最新の法律を遵守し、外国企業にデータを保存するように求め、「iCloudがこれらの法律の対象となることを主張していたが、最終的には成功しなかった」と述べました。

Appleは、今のところユーザーのプライバシーについて強く主張しています。

Appleの広報担当者によると、「Appleはバックドアを作成したりしていないし、AppleはiCloudデータに対する暗号鍵の管理を継続している」と述べています。

同社は、同国のiCloudサービスを完全に廃止し、中国の顧客に「悪いユーザーエクスペリエンスとデータセキュリティとプライバシーの低下」を引き起こすのではなく、中国の新しい法律に従うことにしました。

Appleの主張に反してデータを移行すると、いずれ、中国政府からiCloud暗号化キーの提出を求められる可能性があります。(以下の記事を参考にしてください)

(via MacRumors