Apple、iCloudデータをGoogle Cloud PlatformやAmazonのS3 Webサービスを利用して保存

Appleは、iCloudデータをGoogle Cloud PlatformやAmazonのS3 Webサービスを利用して保存していることを先月更新されたiOS Security Guideで情報を公開しました。

これに気がついたのは、CNBCのジョーダン・ノヴェット(Jordan Novet )氏です。

Appleは、S3やGoogle Cloud Platformなどの第三者のストレージサービスをユーザー識別情報なしでデータを保存しています。

以前のバージョンのiOSセキュリティガイドでは、Microsoft Azureについて言及しましたが、現在はGoogle Cloud Platformに変更されています。

iCloudのデータとしては、ユーザーの連絡先、カレンダー、写真、ドキュメントなどを保存しています。各ファイルは塊に分かれ、AES-128とSHA-256キーで暗号化されているため、Google Cloud Platformのストレージはセキュリティ上の問題ではないとのことです。

CRNとFinancial Timesのレポートによると、2016年にAppleはGoogle Cloud Platformと数百万ドルの契約を結んだといわれています。

(via MacRumors