2018年発売の6.1インチiPhoneは、フルアクティブLCDで、解像度は2,160×1,080(18:9)、0.5ミリ幅の超スリムベゼル

台湾の工商時報によると、2018年発売の6.1インチiPhoneは、ジャパンディスプレイのフルアクティブLCDを搭載するとのことです。

フルアクティブLCDは、従来のLCDとはことなり、0.5ミリのベゼルで、ほとんどベゼルレスト言ってもよいくらいです。

ジャパンディスプレイのフルアクティブLCDは2,160×1,080ピクセルで、縦横比は18:9になります。

6.1インチのiPhoneには、TrueDepthカメラシステムのためのノッチ部分(くぼみ)がある可能性が高いことを示唆していますが、しかし、19.5:9のユニークなアスペクト比を持つiPhone Xと箱となるようです。

これはノッチ部分が現在よりも小さくなることかもしれません。

(via MacRumors

以下は参考記事です。