次期iPhone SE、リアパネルにガラスを使用しワイヤレス充電を採用か?

次期iPhone SEについては、今年中にアップデートされるとか、製造国のインドで先行発売されるとか、様々な情報が流れています。

Sachin Bhatt氏が、tekz24.comに信頼できる情報筋からの話として、iPhone SEの裏面はオールガラスであると述べています。

これまでのリアパネルは、アルミ製でしたから、ガラスに変更されるとデザインの雰囲気はだいぶ変わりますし、このガラスの採用によってワイヤレス充電の搭載が可能になります。

ただし、iPhone SEが新興国市場向けのデバイスであることを考えると、コストの関係でガラスの採用派デザインの変更だけでとどまり、ワイヤレス充電は搭載されない可能性も残っています。

また、3.5ミリのイヤフォンジャックは、削除されない可能性が大きいと言えます。

(via 9 to 5 Mac