Apple、古いiPhoneのパフォーマンスを故意に落としている問題について「日本語のサポート文書」を公開!古いiPhoneのバッテリ交換を3,200円に値下げ

Appleが、古いiPhoneのパフォーマンスを落としている問題について日本語のサポート文書「iPhoneのバッテリーとパフォーマンスについて、お客様にお伝えしたいこと」を公開しています。

これは、先日、英語版で公開された「A Message to Our Customers about iPhone Batteries and Performance」の日本語訳で、古いiPhoneの経年劣化したバッテリーによる電力不足による突然のシャットダウンを防ぐために導入した対応だとAppleは述べています。

iOS 10.2.1で、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SEに導入され、iOS 11.2でこのサポートの対象をiPhone 7とiPhone 7 Plusにも適用されていいす。

しかし、このバッテリー問題へのAppleの対応は、事前に開示されていなかったため、一部のユーザーが不審を持ち、Appleは、新しいモデルが出てきたときに古いiPhoneのモデルを意図的に減速させ、買い換えを促したのではないかとの疑念を生み訴訟にまで発展しています。

Appleは、これらの不信を払拭するために以下の3つの対応を示しています。

Appleは、バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降をお持ちの方全員に対して、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。この対応は2018年12月まで全世界で継続します。詳細は近日中にapple.comでお知らせします。

2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。これにより、ユーザーはバッテリーの状態がパフォーマンスに影響を与えているかどうかを自分で確認できるようになります。

Appleのチームはこれまで通り、お客様の体験をさらに良いものにするための取り組みを続けます。これには、バッテリーの経年劣化に伴うパフォーマンスの管理方法の改善と、予期しないシャットダウンを防ぐ対策の強化が含まれます。