斬新なデザインのシカゴのApple Storeは、ジョナサン・アイブ氏の設計ミス!?

Apple Storeのシカゴにおける旗艦店は、「Apple Michigan Avenue」は、シカゴ川に接したリバーサイドに建設されています。

屋根は、Appleのロゴを配したMacBook Air風のデザインとなっいて、四方はガラスに覆われた斬新な設計です。

しかし、現在、この斬新なデザインが問題を引き起こしています。
シカゴの冬は厳しく屋根に雪や積もったとき、屋根から雪や氷、水の落下を止める設計がなされていないこと言うことです。

従って雪が降った後は、屋根から雪が落ちてきて危険なので、屋外にテープを貼って、顧客や通行人が屋根の下に入らないように防いでいます。

(via 9 to 5 Mac

アップデート:積雪問題に関しては以下の記事があります。