iPhoneのパワーマネジメント機能が意図的に古いモデルの動作を遅くしていると提訴

Appleは、iPhone 7以前の古いiPhoneについてバッテリーが劣化して突然シャットダウンしたり、加熱を防ぐためにiOS 10.2.1で新しいパワーマネジメント機能を導入しました。

ロサンゼルス在住のStefan Bogdanovich氏とDakota Speas氏は、カリフォルニア州中部地区連邦地方裁判所に、新しいモデルが出たときにAppleが古いiPhoneモデルを意図的に減速させていると非難し、提訴しました。

Appleは、新しいモデルが出てきたときに古いiPhoneのモデルを意図的に減速させ、当事者が契約を結んだときにそれを適切に開示しないことによって、原告とAppleとの間で締結した暗黙の契約に違反していると主張しています。

Bogdanovich氏とSpeas氏はiPhone 7やいくつかの古いiPhoneモデルを所有しており、新しいモデルが出てくると古いiPhoneモデルが減速することに気づきました。

両者は、アップル社にデバイスの速度を落とさせることに同意していないし、「通常よりもiPhoneの速度を遅くすることを望むかどうかを選択することもできない」と述べています。

Appleはなぜこれらの電源管理機能を実装したのか、そしてバッテリーの状態が最終的にiPhoneの性能にどのように影響するのかの説明が不足しています。

電池の健全性に関するより詳しい情報を提供し、バッテリーの劣化が始まると顧客に通知して、交換のために金銭を支払うかどうかの選択肢を提供する必要があるのではないでしょうか。

(via MacRumors