Apple、アリゾナのテストコースで自律運転自動車の走行テストを実施!?

Jalopnikによると、匿名情報ソースからの話として、Appleが自律運転自動車の走行テストを実施するため、以前、フィアット・クライスラー(Fiat-Chrysler)社がテストコースとして利用していた場所を借りている可能性があるとのことです。

すでにAppleは、アリゾナ州のサプライズにあるこのテストコースで働く自動車テストエンジニアを募集しています。

このテストコースは、フィアット・クライスラーは2000年代初頭に車とそのコンポーネントに高温の影響をテストするためにこのサイトを使用していました。

フィアット・クライスラーは、住宅地として2005年に開発者に312百万ドルで売却しましたが計画は破綻し、過去数ヵ月間にわたって未使用となていました。

Jalopnikによると、現在、この土地ははRoute 14 Investment Partners LLCという会社に賃貸されているという。

AppleとRoute 14 Investment Partners LLCの間に明確な関係はありませんが、Appleは自社の動きを目立たないようによくダミー企業を使用することで知られています。

Appleはすでに、センサーやカメラを多数装備した複数のLexus RX450h SUVを使用して、公道で自律走行システムをテストしています。

このアリゾナのコースで、どのようなテストが行われるのかは不明です。

(via MacRumors