次期iPad Pro(2018)には「A11X Bionic」より2コア増えた8コアの「A11X Bionic」チップを搭載!?

2018年に発売される次期iPad Proには8コア(オクタコア)の「A11X Bionic」を搭載すると中国のWebサイトMyDriversが伝えています。これはTSMCの7nm製造プロセスを改造して生産されます。

Appleのサプライチェーンの情報筋によると、「A11X Bionic」チップの8つのコアには、3つの高性能コア「Monsoon(モンスーン)」と5つのエネルギー効率の良い「Mistral(ミストラル)」コアが含まれていると述べています。

iPhone Xの「A11 Bionic」チップでは、6コアのうち2つが高性能(ハイパワー)のコア「Monsoon」で、残りの4つが「Mistral」という構成なっていました。

「A11X Bionic」チップには、「A11 Bionic」チップと同様にTSMCの統合ファンアウト・ウェーハ・レベル・パッケージングが使用されていると言われています。

このチップには、おそらく2018年のiPad Proモデルには次世代「M11コプロセッサー」とFace IDの顔認識を処理ための人工知能タスク用ニューラルエンジンも含まれています。

8コアプロセッサにより、次世代のiPad Proモデルは現行のiPhone XよりもCPUパフォーマンスが向上することは間違いありません。

(via MacRumors