開発者がプライベートAPIを利用して、「Animoji」を20秒録画できる専用アプリを開発

iPhone X(iOS 11)で公開されたAnimojiは現在、10秒間という長さとメッセージアプリ内での利用に限定されています。

しかし、開発者のSimon B.Støvring氏は、AppleのAnimojiに関する一般には公開されていないプライベートAPIを利用し、最大20秒間Animojiを録画できる専用アプリ「SBSAnimoji」を作成しました。

同氏はAnimojiはPrivate AvatarKitフレームワークを利用しています。このAPIが今後一般に公開されるかどうか分かりません。

現在の仕様ではプライベートAPIも20秒を超えるAnimojiは録画できないようになっています。

Animojiを何らかの形で長時間利用したい場合は、スクリーンを録画して、編集によりAnimojiを取り出してアプリ以外で利用するしかありません。

「SBSAnimoji」はGitHubで公開されていますが、App Storeでは絶対に認められないアプリでしょう。

(via 9 to 5 Mac