Apple、米連邦通信委員会(FCC)から新たな5G通信の試験免許を取得

Appleが、米連邦通信委員会(FCC)から、新たに5G通信の試験免許(テストライセンス)を取得しました。5Gワイヤレスブロードバンドの試験のためにカリフォルニア州ミルピタスのオフィス付近2カ所での試験が許可されたとのことです。

Appleは、すでにFFCの許可を得て、商業用5Gの28GHzと39GHzのバンドを使ってテストしており、今回のテストは、より高速の5G通信です。

アメリカ国内では、大手キャリアが5G通信の整備を進めていますが、キャリアによってその整備の度合いが異なっています。

T-Mobileは、他社の5G通信網は、偽の5Gだと非難しているとおり、キャリアによって速度の差が大きいようです。

Appleが、今後のiPhoneでどの程度(速度)の5G通信をサポートするかはキャリアの動向にかかっているほか、最新のLTEモデム技術を持っているQualcommとの紛争をかかえていることから、技術的に遅れたIntelのモデムを採用する公算が高いため、その点もAppleの制約になる可能性があります。

(via 9 to 5 Mac