Googleを退社したアンディ・ルービン氏がデザインした「Essential Phone」の日本発売が決定!

Androidの父と呼ばれているアンディ・ルービン(Andy Rubin)氏が、Googleを退社後に設立した企業「Essential」が、発売するスマートフォン「Essential Phone」が日本で発売されることをFinancial TImesが伝えています。(via スマホ評価・不具合ニュース

発売時期は明らかになっていませんが、日本向けサイトでも予約が始まっています。

「Essential Phone」のハードウェアは、5.71インチディスプレイ(2560×1312ピクセル)のベゼルレスデザインで、CPUは、Qualcommの「Snapdragon 835」、カメラは13メガピクセルで、360度カメラなど専用アクセサリーを着脱できる磁力コネクタが搭載されています。

充電などの接続コネクタはType-C仕様で、3.5mmへのヘッドホン変換アダプタ、急速充電アダプタが付属しているとのことです。
価格は699ドル(約7万8000円)と、iPhoneなどと比較するとミドル〜ハイレンジで中間帯より少し高めの価格です。

発売国は、アメリカ、イギリス、西ヨーロッパの各国、日本だとのことですが、気になるのは搭載アプリです。

同時にアプリストアをオープンすると考えられますが、Androidの父がデザインしたスマートフォンですから、Androidアプリも動作するのかもしれません。

(「Essential Phone」のサイトにもアプリのことは記載されていないので、その当たりの情報は不明です。知っている方がおられたら教えてください)

→ Essential JP