iPhone 8、ディスプレイ内のTouch IDセンサーの量産に不安?

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)が、新しいレポートでディスプレイ内で動作するQualcomm社製の指紋認識技術について、同社はiPhone 8への採用を期待していたようだったが、実際にその技術はまだ完成していないと述べています。

Kuo氏は、Qualcommの超音波を使った技術について進歩しているが、まだ完全ではないと主張しています。同氏は次のように指摘しています。
(1)スキャンスルー能力にはまだ改善の余地がある。(2)有効になるまでがが遅い。(3)応答が遅い。

Kuo氏は、結論としてQualcommのアンダーディスプレイの指紋認識センサーの量産スケジュールが明確ではないとしています。

Appleは、Qualcommに頼らないディスプレイにセンサーを組み込む技術を開発しているとのことで、完成しなければ最終的に背面に(例えばAppleのロゴに)Touch IDセンサーを配置する可能性も残っています。

最終的には、iPhone 8の膨大な販売台数に対応できる量産技術を確立できるかどうかにかかっています。

(via 9 to 5 Mac