Appleの「ARKit」を使った仮想現実のデモ動画集(14本)

Appleは、WWDC 2017でアプリケーション内で仮想現実を実現するためのプラットフォームとして「ARKit」を発表しました。

ARKitを使用すると、iPhoneとiPadは、カメラビューを分析し、テーブルや床などの平面を検出して、仮想オブジェクトを配置することができます。

また、カメラセンサーを使用してシーン内の光の総量を推定し、適切な照明を仮想オブジェクトに適用することも行います。

今秋に発売されるiPhone 8には、3Dセンシングモジュールが搭載され、生体認証とARに利用されると噂されています。

以下は「ARKit」利用したアプリのデモ動画です。


(via 9 to 5 Mac