オーストラリアの深海調査船が発見した生々しく不気味な生物

侵害生物1

オーストラリアの「the Marine National Facility」所属の調査船「RV Investigator」が、オーストラリア付近の深海調査を行い奇妙な生物を採取しました。その中の1種はまるで・・・です。

調査船は、5月中旬にタスマニア州ローンセストンから出港し6月16日にクイーンズランド州ブリスベンに帰港しました。

深海は、世界の海洋の半分とオーストラリアの領海の3分の1をカバーしていて、地球上で最も未踏の領域だとビクトリア博物館のティム・オハラ博士が述べています。

海面下4,000メートルの深海は、極端に寒く、圧力は高く、光は遠くまで届きません。
マルチビームソナーを使用して、チームは深海をマッピングしました。そして、海底の岩石などを傷つけないようにしながら1,000種以上の深海の生物を持ち帰ったとのことです。その中には不気味な生物も多く含まれています。

深海生物2

また、オーストラリ海岸から100キロ離れたところでの海底探査では、PVCパイプ、塗料缶、瓶、ビール缶、木材、その他の瓦礫やゴミを発見しました。これらは約200年前に蒸気船で人類が航海し始めた頃からの蓄積物です。

(via CNET