要注意!iCloudメモは、Appleが説明する30日後に完全に削除されるとは限らない。

ロシアのソフトウェア企業「ElcomSoft」がブログで、iCloudに保存して、その後完全に削除したメモについて、Appleが説明する「メモは30日後に完全に削除されます」という説明とは異なり、iCloudのサーバーから削除されていない場合が、多いと述べています。

「ElcomSoft」は、「Phone Breaker バージョン6.5」(79ドル)を使用して削除して1ヶ月以上たったのメモを取り出したと述べています。

ユーザーがメモを削除すると「最近削除された項目」へメモが移動されます。そこには「メモは30日後に完全に削除されます」との説明が表示されています。

「ElcomSoft」のCEO、Vladimir Katalov氏は、なんと5年前のメモが取り出せたと述べています。しかし、すべてのメモが取り出せるわけではなく、アカウント(ユーザー)によって異なるそうです。

削除されたメモを抽出して表示するには、「Phone Breaker バージョン6.5」以降を起動し、「iCloudから同期データをダウンロード」を選択し、Apple IDとパスワードまたはバイナリ認証トークンで認証後、Phone Viewerでファイルを開くという手順です。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年5月20日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です