Apple、中国向けサポートページでiPhone 6sの予期せぬシャットダウンが製造上の問題であることを説明

%e6%9c%89%e5%85%b3_iphone_%e5%8f%8a%e6%84%8f%e5%a4%96%e5%85%b3%e6%9c%ba%e7%9a%84%e4%bf%a1%e6%81%af_-_apple_%e6%94%af%e6%8c%81

Appleが、中国向けサポートページにおいてiPhone 6sの予期せぬシャットダウンが製造上の問題であることを説明しています。

不具合について、Appleがデバイスを集めて分析したところ、2015年9月と10月に製造された少数のiPhone 6sに製造上の問題があることが分かり、その原因としてiPhone 6sのバッテリーパックにパッケージングされる前に内部コンポーネントが長く空気にさらされていたため、劣化が早く進んでいるとしています。

iPhoneは、低電圧からデバイスの電子機器を保護するように設計されているため、自動的にシャットダウンしているようです。
iPhoneは、低温時にもデバイスを守るために自動シャットダウンするように設計されています。

Appleは、今回の不具合について「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」を実施しバッテリーの無償交換を行っています。

(via MacRumors

Last Updated on 2017年10月11日 by M林檎

コメントを残す