Apple、シンガポールのオペーレションをすべてクリーンエネルギーで賄う

grand_park_orchard_-_facade (2)

CNETによると、Appleは、シンガポールに展開する予定のApple Storeやコンタクトセンターなどに必要な電力をSunseap Groupと提携し、太陽光によるクリーンエネルギーで賄うとのことです。

シンガポールには、コンタクトセンターの900人を含む約2,500人の従業員が働く予定で、そのすべてに必要な電力をクリーンエネルギーで賄います。このようにすべての電力を太陽光エネルギーで賄う企業としては、(シンガポールでは)Appleが最初の企業となります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2017年10月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。