米誌「ファスト・カンパニー」、「世界を変える革新的企業」50社を公開!2位にApple、14位にLINE

iPhone_6s_-_カメラ_-_Apple(日本)

米誌「ファスト・カンパニー」が、「世界を変える革新的企業」50社を公開しています。ランクの2位にはApple、14位に日本のLINEがランキングされています。

Appleの選出理由は「写真の位置情報から、シェアしたい相手を予想」です。

『カメラアプリでは、撮影した写真の位置情報をもとに、誰とその写真をシェアしたいかを、自動で予想してくれる。また、決済サービス「アップルペイ」でAirbnbの支払いも可能にするなど、次々と私たちの生活スタイルを変えている。』

一方、LINEは「収益化に成功した無類のメッセージアプリ」ということです。

『ラインの成功の理由は、有料ゲームのほか、ポップカルチャーを上手く利用したことにある。キャラクターや著名人をスタンプにして販売。そのキャラクターグッズの期間限定ショップを、ニューヨークやクアラルンプールに構えたことがあり、ソウルや台北には常設店舗もある。』

LINEに比べて、ユーザ数が世界トップの8億人を抱えるワッツアップは収益化できる事業を展開できていないと述べています。

1位ワービー・パーカー Warby Parker
2位アップル Apple
3位アリババ Alibaba
4位グーグル Google
5位インスタグラム Instagram
6位カラー・オブ・チェンジ ColorOfChange
7位エイチ・ビー・オー HBO
8位ヴァージン・アメリカ航空 Virgin America
9位インディゴー IndiGo
10位スラック Slack
11位ハウズ Houzz
12位カタパルト Catapult
13位インヴェンチャー InVenture
14位ライン LINE

(via Courier

Last Updated on 2017年10月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。