著名アナリスト、4インチのiPhone 6cは発売されないと予測

image (1)

Cowen and Companyのアナリスト、Timothy Arcuriが、iPhone 6の内部コンポーネントを流用した4インチのiPhone、いわゆるiPhone 6cについて、その痕跡が見られなくなったと報告しています。(via Bussiness Insider)

同氏によると、1-3月には、サプライチェーンにおいて、Appleが4インチiPhoneをリリースしようとしている証拠が見られたが、その後、消えてしまったとのことです。

理由のひとつは、iPhone 6の販売が好調なためです。新モデルのiPhone 6s発売後に価格を下げて販売が続けられるiPhone 6と競合し、共食いとなるためではないかと推測しています。
ただ、アルミボディのiPhone 6cの可能性が全くなくなったという事ではないとも述べています。

個人的には、プラスティックボディのiPhoneの需要はなくても、アルミ製のボディならば、(手ににしっくりと収まる)4インチiPhoneの需要はあるのではないかと思っています。

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す