Appleのホームオートメーション・プラットホーム「HomeKit」の立ち上げが遅れている理由

homekit

Fortuneが、業界関係者の話として、Appleが導入を予定しているSiriを利用したホームオートメーション・プラットホーム「HomeKit」の導入が、予想されていた5−6月から8-9月に遅れる模様だと伝えています。(via 9 to 5 Mac

遅れている理由は、「HomeKit」によるスマートホーム(ドアのロック、ライトのコントロールほか)の実現は、予想より困難で、遅延が発生したり、デバイスのメモリーを大量消費したりするため、Appleはコードのダウンサイズに取り組んでるとのことです。

Last Updated on 2017年9月7日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です