[iPhone 5]解像度640 x 1136の縦長ディスプレイで、iOS 5対応アプリをシュミレーション!

Screen-shot-2012-08-09-at-12-24-18-pm

iOSに関するスペシャリストのSonny Dickson氏がiOS 6のSDKに含まれるシュミレーターに工夫をして640 x 1136ピクセルの画面を表示させました。(9 to 5 Mac

すると興味深いスクリーンショットを得ることができました。まず、ロック画面やホーム画面は縦長に自動で調節されます。

Screen-shot-2012-08-09-at-12-26-21-pm
純正アプリの計算機やボイスメモは上下に黒い余白が挿入されます。(予想通りです)640 x 1136ピクセルに対応できていないサードパーティ製アプリは、このように動作すると思われます。従って、開発者が手を加える必要はありません。(対応アプリの開発を急いだ方がいいとは思いますが、慌てる必要はなくなります)

Screen-shot-2012-08-09-at-12-28-41-pm

設定画面や連絡先も縦長に自動調整されるようです。

Screen-shot-2012-08-09-at-12-30-28-pm

Last Updated on 2016年10月16日 by M林檎

コメントを残す