Appleの Black Hatセキュリティ・カンファレンスでの発表は不評!

Black Hat | USA 2012
Black Hatセキュリティ・カンファレンス(7月21日~26日:ラスベガス)で初めてのプレゼンテーションを行ったApple。

これまでは、マーケティング部門が発表を認めずに、カンファレンスが始まって15年間で初の快挙を言われましたが、発表は期待したほどではなかったようです。

9 to 5 Macによると、発表を行ったのは、Appleのプラットフォーム・セキュリティ・チームのDallas De Atley氏です。内容はこれまで発表したものの焼き直しで目新しいものはありませんでした。

iPhoneがリモートログイン・アクセスをサポートしないことや、アプリ同士のアクセスを最小限に留めるサンドボックスについての内容で発表を行いました。

関連記事→Apple、初めて「Black Hat・セキュリティ会議」で発表!

Last Updated on 2016年10月16日 by M林檎

コメントを残す