[モバイル林檎ダイアリー]kobo Touchを買わなくて良かった・・・やっぱり、iPad miniだ。

Img_carrousel_01
別に筆者が買おうとしたわけじゃなくて、友人に「激安のkobo Touchを買うべきかどうか」相談されたので「止めておいた方がいい」とアドバイスしました。

もちろん、PCからのアクティベーションができない不具合があるなど、初歩的なミスがあったこともありますが、近い将来、発売されるだろうiPad miniを購入した方が、電子書籍リーダー以外にも多様な用途に使えていいのではないかという判断です。

それにしてもkobo Touchの立ち上がりは酷いですね。ガジェット通信さんが「楽天『kobo Touch』不具合の裏に社内公用語英語化の影響が!?」という記事を掲載していますが、「英語版が上手くいっているのだから、大丈夫」と日本語版の制作を甘く見た結果のような気がします。

ところで、Amazonの電子書籍ストアはどうなったのでしょうか?
4月にオープンという話でしたすが、まったく音沙汰なしです。
まもなく発売されるKindleの日本語版にあわせてオープンするのでしょうが、Kindleの発売も延び延びになりそうな気配が・・・

iPadならば、KindleアプリによってAmazonで購入した電子書籍も読めるので、電子書籍リーダーとしても、iPad miniを使いたいですね。