Apple、クラッシュするアプリをリリースした件に関する否定的なレビューを削除!

Screen-Shot-2012-07-06-at-1.36.36-PM
7月4日頃、Appleは、DRMコードの生成バグによって誤ってクラッシュするアプリをリリースするというミスを犯しました。(関連記事)

苦情によって、すぐに正常に動作するアプリに差し替えられましたが、当初、アプリの不具合に対する苦情はアプリ開発者に向けられ、否定的なレビューがApp Storeに書き込まれたりしました。

macstoriesによると、Appleが、この件に関するApp Store内の否定的なレビューを削除しているようです。

これによって、アプリの評価が下がることがなくなるので、該当アプリをリリースしている開発者は、ホット一息というところですが、不必要な批判にさらされた開発者は本当にお気の毒でした。

※まだ、否定的レビューが消えていない開発者の方は、App Storeに連絡をとってください。(^_^)v

関連記事→Apple、App Storeでクラッシュするアプリを公開した問題について釈明

Last Updated on 2016年4月25日 by M林檎

コメントを残す