シャープ製IGZOディスプレイを搭載した薄型iPadは発売されるのか?

Ipad2012-step0-ipad-gallery-01-normal
現在発売されているiPadに搭載されているディスプレイはSamsung製ですが、もともとは低消費電力のシャープのIGZOディスプレイが搭載されると噂されていました。

しかし、最終的にAppleの基準を満たすことができず、Samsung製が搭載されたとされています。そのSamsung製ディスプレイはIGZOほど省電力ではないために、消費電力が大きいRetinaディスプレイに電力を供給するためにバッテリーの高密度化、大型化(→ボディの厚み増加)を行いました。

台湾のDigiTimesが、中国語のApple Daily reportからの情報として、iPadの売れ行きが高まる9月以降(クリスマスシーズン?)に向けて、夏頃に低消費電力のシャープのIGZOディスプレイを搭載し、本体を薄型化したiPadが発売されるのではなかと予想しています。

(たとえ、薄型化だけで機能面のアップがないマイナーチェンジだとしても、発売後半年もしないうちの変更は、すでに購入したユーザーから不満が出るので難しいでしょう)

現在のiPad(第3世代)へのディスプレイ供給は、60-80パーセントがSamsung製、残りがLG.とシャープ(非IGZO)だということです。

Last Updated on 2015年5月22日 by M林檎

コメントを残す