次期iPhoneはNFCを搭載し、電子決済が利用可能になる。

Passbook

9 to 5 Macによると、以前、AppleがiPhone 5,1(コードネームN41AP)、iPhone 5,2(コードネーム N42AP)という2台のプロトタイプをテストしていることを明らかにしました。

関連記事→次期iPhoneのディスプレイサイズは3.999(〜4)インチで、ホーム画面のアイコン行数(段数)は固定行を含め6行!?

そのプロトタイプは、640 x 1136ピクセルの高解像度ですが、それ以外にいわゆる”おサイフケータイ”となるNFC(Near Field Communication)が搭載されているとのことです。

AppleはWWDC2012でPassBookというアプリを紹介し、次期iPhoneでは電子チケットが利用できることを明らかにしました。Appleは、すでにiTunesにおいて膨大なクレジットカード情報を持っているため、NFCによって電子決済が行えるようになると、それらのデータベース活用できるため、GoogleやMicrosoftに対して優位に立ちます。

AppleInsider によると、航空業界におけるITおよび電気通信サービスの専門企業SITAのCTO(最高技術責任者)Jim Peters氏は、先週の火曜日にベルギーで開催された航空輸送ITサミットにおいて、電子財布や電子チケットのようなサービスは、Appleの次期iPhoneにNFCが搭載されることから、今年の終わりまでにかなり広まるだろうと述べています。

Last Updated on 2016年10月16日 by M林檎

コメントを残す