AppleとSamsungが、スマートフォンによる利益の90%を占有

3d-render-iphone-5-4
調査会社ABI Researchのレポートによると、グローバルマーケット(2012年第1四半期)におけるApple及びSamsung製スマートフォンのシェアを合わせると50パーセント以上になるとのことです。(Cult of Mac)

利益の部分に焦点を当ると世界のスマートフォンによる利益の90パーセント以上を上記2社が占め、両社の収益構造の強さが際立っています。

2012年第1四半期の出荷台数はSamsungが4,300万台、Appleが3,500万台、Nokiaが1,190万台、RIMが1,110万台となっています。

低調傾向のNokiaは、Symbian搭載機種の減少を埋め合わせるために、今後、Windows Phoneを5,000パーセントも成長させる必要があるとのことです。

Appleは今年の秋、フルモデルチェンジのiPhone 5を出荷予定なので、さらに出荷台数を増やすことは確実です。

Last Updated on 2017年7月11日 by M林檎

コメントを残す