新しいiPad(第3世代)はSoftBankのLTEに非対応!

SoftBankが3月16日に新しいiPad(第3世代)を発売します。予約は本日から始まりましたが、SoftBankのウェブサイトのどこを見てみても、「iPad Wi-Fi + 4G モデル」がSoftBankが展開しているLTEサービスに対応しているとは書いていません。

ニュースリリースにはこう書かれています。

ソフトバンクモバイルは、2012年3月16日(金)より、3Gネットワークでご利用が可能な魅力的なデータ通信プランとともに新しいiPadを発売します。それに先立ち、本日より全国のソフトバンクショップ並びに量販店で予約受付を開始します※1

第3世代のiPadは新たに、美しいRetina™ディスプレー、Appleが新開発したクアッドコアグラフィックスを備えるA5X(エーファイブエックス)チップ、驚くような写真と1080p HD解像度の映像を撮るための先進の光学システムを備えた5メガピクセルのiSight®カメラを特長としています。さらに、驚くほど薄くて軽いままで、最長10時間のバッテリー駆動時間※2を実現しています。世界対応のWi-Fi + 4Gモデルは、旅行中などでも世界中の高速データネットワークへの接続を可能にします。

高速データ通信(LTE?)についてはアンダーラインの部分しか書かれていません。要するに「PRしていない」=「対応していない」ということです。

新しいiPadがSoftBankのLTE(TD-LTE)に対応していない件については、「SoftBankのiPad(第3世代)4Gモデルは本当にLTE対応なのか?」で取り上げました。

「新しい iPad の Wi-FI+4G モデルは LTE に対応しています。ソフトバンクが先月2月にスタートさせた次世代通信サービスの『SoftBank 4G』は、TD-LTE という規格がベースになっています。LTE という名前がついていますが、アメリカで新型 iPad 向けに通信サービスを提供する AT&T、Verizon の LTE とは規格が異なります。そのうえアップル(日本)の公式ページには、アメリカには載っている LTE の記述が見当たりません。おそらくですが、新しい iPad は『SoftBank 4G』(TD-LTE)には対応しておらず、今まで通り 3G での接続となる可能性があるかもしれません」(システムエンジニアA氏 談)[ロケットニュース24から引用]

新しいiPadのLTEに対応しているのは、(AT&T、Verizonと同規格を採用する)ドコモのようです。これでドコモがiPadを扱って欲しいという要望が増えるはずです。

SoftBankが怖いのはiPadよりもiPhone 5の通信規格がどうなるかと言うことです。もしもiPad(第3世代)と同様にiPhone 5が、SoftBankのLTE(TD-LTE)に対応していないとなれば、SoftBankへの評価はがた落ちでしょう。

TD-LTEは中国の最大手キャリアChina Mobileが採用する中国生まれの規格です。従って、利用する人口が多く、いずれiPhoneが対応することは確実ですが、直近のiPhone 5で対応となるかどうかは不明です。

Last Updated on 2016年10月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。