iPhoneのカメラは3GSでやっと使えるようになり、4Sでデジカメに追いついた!?

Xiphonecameraimprove
iPhone 4Sのカメラは評判がいいですね。薄暗い場所に強く、空を写しても雲と青空がくっきり映ます。

これは当然、Sonyが提供したカメラ・コンポーネントの影響だけでなく、プログラムの改善も大大きく寄与しているのでしょう。

GizmodoがLisa Bettanyが撮影したiPhoneの写真を掲載していました。

その写真を見てみると初代のiPhoneと3Gは解像度(2メガピクセル)が低すぎて、カメラと言うよりは初期の携帯電話に搭載されたカメラのようにおまけのようなものでした。

それが3GSになって解像度が3メガピクセルに上がり、なんとか使えるようになりました。露出面はiPhone 4のHDRで進化しましたが、カメラの感度(レンズの明るさ)のせいか、暗い場所での写りが今ひとつでした。

それがiPhone 4Sになって改善され、色のバランスも良くなりました。

X2
iPhone 4Sのカメラは光学ズームを除けば、通常のデジカメか、それ以上の実力を発揮しますね。(^^)v

Last Updated on 2011年10月25日 by M林檎

コメントを残す