iPadのアメリカのタブレット市場におけるシェアは驚異の82パーセント!

NPD-survey-tablet-201103-tablet-ownership-and-usage

ニールセンの調査によると2011年4月のiPadのシェアが82パーセントであることが明らかになりました。iPadはアメリカでは発売1年を迎え、Galaxy TabやXoomなどのライバルが現れのにも関わらず、驚異のシェアをキープしています。

iPad 2などのタブレットが発売されて一番影響を受けたのが低価格のネットブックです。そのネットブックやデスクトップに代わってタブレットを使う理由を聞くと、一番多いのが携帯性です。

NPD-survey-tablet-201103-tablets-versus-PCs
次はインターフェイスの使いやすさで、その次が起動の速さです。

発売後1年経っても、iPad がタブレット市場を牽引し続けているのは、それががまさに「革命的なデバイス」だからでしょうか。

→ 9 to 5 Mac