iPad 2への興味はハードの進化からiOSがメジャーバージョンアップするかどうかに移った!

Ipad21

3月2日のイベントで新iPadが発表されます。しかす、すでに色々な情報が漏れてきているのでハードウェアについては、驚くような進化はなさそうな様相です。

Retina Displayはなく、SDスロットさえ搭載は見送られた模様です。

カメラ搭載と本体メモリの増加、CPU、GPUの高速化、本体の軽量化というサプライズのない進化になりそうです。

しかし、iOSはまだ分かりません。iOSが4.xから5.xへと大幅な進化を遂げるのかが焦点です。

iOSはiPhoneと共通のプラットフォームなので、iPhoneの発売を中心にメジャーバージョンアップが図られる可能性が大きいのですが、それではAndroid勢の攻勢に防戦一方になります。

要するに、ハードウェアの軽微な進化で、iOSはマイバーバージョンアップ→iPhone5でiOSが5.xへアップ→続いてiPad2にiOS5.x搭載いう、昨年同様のパターンでは、タブレット用に進化したAndroid3.0’Honeycomb)を見たユーザーは失望してしまいます。

ユーザーをつなぎとめるためには、iPad2発売を機にiOSもAndroidと同様タブレットバージョンとスマートフォンバージョンを分け、ユーザーへ細かな配慮をするべきかもしれません。

参考:9 to 5 Mac

Last Updated on 2016年10月30日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です