WSJのコラムニストWalt Mossbergが選ぶベスト&ワースト・ガジェット

 

Mossberg

Walt Mossbergといえば、ウォール・ストリート・ジャーナルの有名なコラムニスト。 

そのWalt Mossberg氏が2010年にレビューしたデジタルガジェットのベスト3とワースト3の製品をピックアップしました。

  Naturally-brookstone-has-more-than-just-a-pinball-mod-it-also-has-this-slot-machine-modification-for-the-gamblers-out-there

ベストの1位は予想どおりiPadです。これは当然ですね、Tablet市場を切り開いたパイオニア的な存在です。

2位はハイスピードの4Gネットワークです。日本でも今月(2010年12月)にdocomoがLTEサービスを開始しました。他のキャリアも2011年には開始予定ですから高速ネットワーク時代の始まりです。

3位はGalaxy SとiPhone4です。Android搭載のスマートフォンの雄として、Androidの普及を加速させました。またアンテナ問題があったiPhone 4も健在です。

さて、これはアメリカでの話。日本でのデジタルガジェットはどうでしょうか。
1位は間違いなくiPadです。日本では発売と同時に電子書籍端末として話題になりましたが、電子書籍市場が本格的に普及するのは2011年でしょうから、少々加熱しすぎの感がありました。でもIT界の黒船として日本のIT業界に与えたインパクトは絶大でした。

2位は悩むところですね。強いて言えばGalaxy TabとGalaxy Sでしょうか。Android搭載機として、iPadとiPhoneの協力なライバルです。

話を元に戻してWalt Mossberg のワーストガジェットの1位はDell Streak です。

Mobile-streak-design2-jp

批判の対象はそのボディの大きさです。5インチディスプレイはスマートフォンでもないし、Tabletでもなくてまったくもって中途半端です。

2位はGoogleTVです。まだンターネットとTVの統合はイマひとつで、価格が高いのもマイナス点です。今のところオタクのガジェットの域を出ていません。キーボードの操作もイマイチです。

3位はTiVo Premiereですが、日本では発売されていません。

日本でのワーストガジェットというと何でしょうか?
Dell Streak もSoftBankから12月に発売されましたが、イマひとつインパクトがないのは事実です。他にすぐに思い浮かぶものはありません。

強いて言えばAndroidを搭載したdocomoのXperia X8でしょうか。売れた割には評判が今ひとつでした。搭載OSがAndroid1.6とすでに2.xがではじめていた次期に古いOSを搭載していたせいですね。docomoやソニエリはiPhone 4の対抗機種として焦っていたんでしょうね。

参考:Mossblog

 

Last Updated on 2017年5月31日 by M林檎