AppleはAndorid勢に対抗するため、アメリカではAT&Tに加えてベライゾン(Verizon Wireless)と手を結び、日本では?と手を結ぶ。

Docomo-au

Appleはアメリカ国内でiPhone・iPad3GをAT&Tに独占的に提供してきました。しかしついにAppleはベライゾンと手を組む決断を行ないました。

ベライゾンは10月28日にiPadを発売します。そして、その次の展開はすでに予想されています。

要するにCDMA版のiPhoneをベライゾンから発売することはほぼ間違いありません。ベライゾンはアメリカの携帯電話市場ではAT&Tよりも多くのユーザーを抱えるキャリアです。

Galaxy SやDroidに代表されるようにAndroid搭載ののスマートフォンがヒットしています。Android系のスマートフォンに対抗するには、特定にキャリアにこだわっているわけにはいけません。

これは日本でも同様です。特にネットワークの弱いSoftBankだけにこだわっていては、すぐにユーザーの増加は頭打ちにたなっています。docomoやauからiPhoneやiPadが発売されるなら購入しようとする人は多いはずです。

従って、いずれ日本でもSoftBankの独占が崩れるはずです。とりあえず可能性として高いのはiPhoneやiPadへの対抗意識をむき出しにしているdocomoよりもauかもしれません。ベライゾンからCDMA版のiPhoneが発売されるとなるとさらに可能性は強まるかも知れません。

 

 

Last Updated on 2010年10月17日 by M林檎