縦書きエディタNovelist!がバージョンアップで進化しました。

Novelist

以前、当ブログで紹介した縦書きエディタのNovelist!を再び取り上げます。(以前の記事)

最初のバージョンは、何でこんな未完成のものを出してきたのと不思議に思うほど、使いにくかったのですが、バージョンが1.21に上がって、縦書きエディタとしてこなれてきました。

嬉しいのは外部キーボードでカーソルをコントロールできるようになった所です。他にも不必要な原稿用紙形式のプレビューがなくなりました。縦書エディタだから、原稿用紙という固定観念があったとしか思えませんが、入力もできない画面なんて不必要でした。

Novelist5

今回のバージョン1.21でかなりエディタとして使えるようになりましたが、なぜ縦書きしなければならないのかの疑問は残ります。でも、それは好みだからとしか言いようがありませんね。

このアプリでは縦横の文字数と行数が指定できます。それらを調整しながら、自分の入力しやすいスタイルに持って行きます。

Novelist6

このアプリでソフトキーボードを使う場合は横向きはキツイ感じです。入力画面が隠れてしまいます。

Novelist7

縦書きで本格的に入力したいならば、現実的には何らかの外部キーボードが必要だと思います。

App Store >> Novelist

!

 

Last Updated on 2016年10月15日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です