【iPadアプリ】国産のウェブブラウザ iLunascapeがApp Storeに登場! その使い心地は?

ILunascape

国産のウェブブラウザLunascapeのiPadバージョンが登場です。

PC用のLunascapeはIEのTrident、FirefoxのGecko、Safariのwebkitという3種類のHTMLレンダリングエンジンを切り替えて使うことができる革新的なブラウザです。

今回、公開されたiPadバージョンのレンダリングエンジンは、もちろんSafariのWebkitを使用。それにタブブラウジングを実装しています。

ILunascape1

iLunascapeの機能は、はっきり言ってAtomic Web Browserほど高機能ではあありませんが、アピールポイントは、タブで開いたページをバックグラウドで動作させるられることです。例えばYoutubeを実行しながら、別のタブを開いてウェブブラウジングが可能です。

ただし、その影響なのかメモリを大食いして、すぐにメモリ不足のメッセージが表示されます。早く改善していただきたいと思います。(Ver1.0)

ILunascape2

 

 

 

 

Last Updated on 2010年7月30日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です