広がるiPadの世界!? イタリアではミサのアプリが登場

Ipad-missal

GIZMODE

ローマカトリックの聖職者 Paolo Padrini,氏がミサで使われるミサ典書のiPadアプリを開発しました。

言語は英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ラテン語の5種類です。

ローマカトリックでもハイテク化がどんどん進んでします。ローマ法王のホームページはもちろんですし、Facebookアプリも公開しています。

聞くところによると現ローマ法王はクラッシク音楽が大好きでiPodを使っているとか。


Last Updated on 2010年6月20日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です