iPadのBluetoothのサポートはまだまだ不十分。OSのバージョンアップで改善して欲しいですね。

 

 

iPadHIDHuman Interface Device Profile)をサポートしたおかげでBluetoothキーボードが使用できるようになりました。これはiPhoneHIDを望んでいた人達にとっては、例えiPadであっても朗報でした。しかし、iPadBluetoothサポートは、まだまだ不十分です。下表の1にある通り、ヘッドフォンで音楽を聞く場合にヘッド不フォン側で音楽の送りや巻き戻しができません。これは結構痛い機能不全です。

 

デバイス

Hands-Free 
Profile 
(HFP 1.5)

Phone Book 
Access Profile 
(PBAP)

Advanced Audio
Distribution Profile 
(A2DP)

Audio/Video Remote 
Control Profile 
(AVRCP)
1

Personal Area 
Network Profile 
(PAN)


Human Interface
Device Profile
(HID)

iPhone 3GS

iPhone 3G

iPhone

iPad

2

iPod touch

(2nd generation)

2

  1. iPhone 3GSiPhone 3GiPad、および iPod touch (2nd generation) は、AVRCP の一時停止、再生、および停止に対応しています。

  2. アプリケーション用に Bluetooth ピアツーピア接続に対応しています。追加の情報は こちらの記事 を参照してください。インターネットテザリングは対応していません。

 

 

ただPANPersonal Area Network Profile )に対応しているのでアツーピア接続によってiPhone同士やiPhoneiPadで相互通信することができます。

そこで面白いソフトがあります・

Mover+(230円)はiPhoneで写真を撮影し、そのままiPadファイル送信できるアプリです。WiFi環境ではWiFiで送受信し、WiFiないところではBluetoothを選択して送信します。メールで写真を送信するよりも簡単に送信できます。ただしBluetoothの場合はWiFiに比較して通信速度が遅いので大きな画像ファイルを送信するには時間がかかります。従って次期iPhoneではカメラが500万画素と言われていますから、どのくらいで送信出来るのか気になるところです。

Mover+の操作はいたって簡単で、下部の無線のマークのアイコンでネットワークを選択して、+ボタンで写真を撮影するか、既存の写真を送信するかを選択します。仮に撮影だとするとカメラが起動します。

その後撮影した写真はトップ画面にサムネイル表示されますので、それをタップして接続先の方へドラッグして持っていくだけです。

Move2r

Appleがもっと真剣にBluetoothをサポートしてくれれば、iPadiPhoneライフがもっと楽しくなるでしょう。