iPadはなぜガジェット好きの心をとらえるのでしょうか? iPadの向こうに面白い世界があるような気がしてきます。

Jobs-iPad

iPadは本家アメリカでも予約好調のようです。iPadがタブレットPC普及の礎になることは間違いないでしょう。
今までタブレットPCが普及しなかった大きな原因は「さっと、取り出して、即起動。操作も直感的でデザインが洗練。アプリが豊富で低価格」とは程遠い状態だったからでしょう。

でも、ご安心。この問題をiPadが解決してくれます。
iPhoneが売れているのも、これらの問題がないからです。スマートでカッコよくて、便利なアプリ便利なアプリがいっぱいで、iPodまでついてくる。こんなお買い得な製品はなかなか見当たりません。(ちょっと褒めすぎか)

iPadが売れ続けるのは、これ以外に電子ブックの世界を広げるからでしょう。Amazonのキンドルが開拓した電子ブックは、本をそのまま電子化しただけのもので、ビジネスモデルとしては新しのかもしれませんが、予想の範囲内のことをやっているだです。(ゴメンナサイ)

でも、Appleが考えているのは寝転がってソファーの上で、キンドルと同じように電子化した通常の本を読むだけではなく、もっと新しい形の本の登場でしょう。

それは動画と活字を組み合わせたものかもしれませんし、音楽と活字を組み合わせたものかもしれません。またRPGゲームのようなものかもしれません。
iPadは今までの、「本」「インターネット」「PC」「ネット」などの垣根をなくしたり、それらがぶつかり合うことによって新しいものを生み出す土台となりそうです。

私が欲しいのは、まずアウトライン化(階層化)したビジネス本です。小説ではないので最初から読んでいく必要がなく、アウトライン化すると必要な所だけ瞬時に見つけて読むことができます。
次にはゲームのように読む人の選択によって結論が変わってくる本もオモシロイと思います。思想系の本などで、自分の興味によって読むところが自然に、自動的に変わってくるなんていうのはどうでしょうか?(変に誘導されたりする可能性がありますが)
他にもネット上の情報を集めて自動的にアップデートされる雑誌も考えられます。

iPad
が開くタブレットPCの世界は、私たちのライフスタイルも変えるかもしれません。わざわざPCを開かなくても、さっと起動し広い画面のアプリを使えたり、
ネットを見ることができるならば、細切れの時間を有効に使うことができます。iPadによって初めてネットとシームレスに、かつ違和感なく、つながる世界
が構築されるでしょう。

iPadによってネット世界がもっと身近になれば、ネットショッピングがもっと活発になるでしょう。そうなればiPadのようなタブレットPCを持ち歩き、それによって様々な手続きを済ますペーパレスの世界が実現されるかもしれません。

今頃世界中で、何か面白いことはないかとiPadを妄想しながらアイデアを考えている人がいっぱいいるでしょう。

アプリ開発者の皆さん、できるだけ無料か低価格で提供してください。お願いします。


iPadによって面白い世界が広がっていきそうです。