Apple、iOS 16、iPadOS 16、tvOS 16、watchOS 9、macOS Venturaのパブリックベータ3を公開

Appleは、 iOS 16 、iPadOS 16、tvOS 16、watchOS 9、macOS Venturaの3番目のパブリック ベータ版を登録者に公開しました。

利用したいユーザーは、Apple Beta Software Programにサインアップして、新しいベータ版をダウンロードできます。

iOS 16 の新機能には、ウィジェットと追加のカスタマイズをサポートする再設計されたロック画面、iMessagesを編集または削除する機能、Apple Pay Later の分割払いプランなど、多数の機能が含まれます。

iPadOS 16では、Apple はタブレットをMacに少し近づけて、ウィンドウ化されたマルチタスクを可能にするStage Manager 呼ばれる機能を搭載しました。Apple のwatchOS 9では、新しい顔、心拍数ゾーン、投薬アプリ、その他の追加のフィットネスおよび健康機能が導入されています。

Stage ManagerはmacOS Venturaにも導入されますが、より多くの開いているウィンドウとウィンドウの配置のオプションがあります。他の変更とともに、システム環境設定アプリは、iPad の設定アプリに似たUI を持つシステム設定になりました。

tvOS 16は小規模なアップデートですが、追加のゲーム コントローラー サポート、新しいスマート ホーム機能、クロスデバイス互換性などの 新機能が含まれています。

iOS 16 および iPadOS 16 のパブリックベータ版のビルド番号は 20A5339d です。macOS Ventura パブリックベータ ビルド番号は 22A5321d です。tvOS 16パブリックベータ ビルド番号は 20J5355f です。watchOS 9 パブリック ベータ ビルド番号は 20R5343eです。

パブリック ベータ版は開発者向けベータ版よりも安定している傾向がありますが、AppleInsider はミッション クリティカルなデバイスにベータ版をインストールすることを推奨していません。バグやアプリの問題は作業の妨げになったり、場合によってはデータの損失につながることもあるため、バックアップは必須です。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年8月10日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。