iPhone 14 Proの常時表示機能は、Apple自身からリークの可能性

Appleの最悪の秘密1 つは、iPhone 14 Pro と iPhone 14 Pro Maxが常時オンのディスプレイを搭載することです。Apple はまだこの巨大な機能を実際に確認していませんが、リークや報告によってその存在が損なわれてきました。

同社は最新の Xcode ベータ版にこの機能の痕跡を残している可能性があるため、最新のリークは Apple 自身からのものです。
月曜日に、iOS開発者が Twitteで、最新の Xcode 14 ベータ版には噂されている常時表示の証拠が含まれているようだと指摘しました。彼のツイートで、開発者は白黒のロック画面ウィジェットの画像を共有しました。

開発者は、ウィジェットは通常、カラフルな画像を特徴としていると説明しています。彼は、常時表示モードがオンになったときに、白黒バージョンのウィジェットがユーザーに表示される可能性があることを示唆しています。ギャラクシーの携帯電話に似ていると彼は言う。

MacRumorsの寄稿者である Steve Moser は、彼自身のいくつかのツイートをフォローアップしました。Moser は Xcode 14 beta 4 Simulator を掘り下げて独自の調査を行いました。

以下に表示される画像は、シミュレーターが起動したときに表示される最初の 2 つのフレームです。Moser が指摘しているように、最初の画像ではクジラのアイコンにはテクスチャがありません。これは、電話がスリープ状態のときにウィジェットが自動的に常時表示モードに調整されることを示すもう 1 つの兆候である可能性があります。シミュレーターが起動すると、テクスチャが再表示されます。

これは現在、最新のiPhoneの iOS 15 には存在しません。おそらく、これらは Apple が 9 月に iPhone 14 Proと iPhone 14 Pro Maxに導入することを期待している常時表示技術の兆候です。以前の噂によると、iPhone 14 Proディスプレイは、1Hz から 120Hz までの可変リフレッシュ レート (VRR) を備えている可能性があります。iPhone 13 Proは 10Hzまでしか低下できず、常時オンのディスプレイにはおそらく適していませんでした。

これとは別に、Moserは先週、Apple Pay が iOS 16 ベータ 4 のサードパーティ ブラウザで動作するように見えることを発見しました。この機能は、iOS 15 の Safariでのみ利用できます。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。