Apple、iPhone12およびMagSafeアクセサリが埋め込み型医療機器に干渉する可能性を説明

iPhone12モデルの発売以来、Appleは、デバイスがペースメーカーや除細動器などの医療デバイスとの電磁干渉を引き起こす可能性があることを認めていますが、同社は現在、追加情報を公開しています。

Appleは、関連するサポートドキュメントに次の段落を追加しました。

植込み型ペースメーカーや除細動器などの医療機器には、密接に接触すると磁石やラジオに反応するセンサーが含まれている場合があります。これらのデバイスとの潜在的な相互作用を回避するには、iPhoneおよびMagSafeアクセサリをデバイスから安全な距離に保ちます(ワイヤレス充電の場合は、6インチ/ 15 cm以上、または12インチ/ 30 cm以上離してください)。ただし、具体的なガイドラインについては、医師およびデバイスの製造元に相談してください。

Medical devices such as implanted pacemakers and defibrillators might contain sensors that respond to magnets and radios when in close contact. To avoid any potential interactions with these devices, keep your iPhone and MagSafe accessories a safe distance away from your device (more than 6 inches / 15 cm apart or more than 12 inches / 30 cm apart if wirelessly charging). But consult with your physician and your device manufacturer for specific guidelines.

サポートドキュメントのタイトルに「MagSafeアクセサリ」と記載され、Appleは、MagSafe ChargerやMagSafe Duo Chargerなどのアクセサリも医療機器に干渉する可能性があることをさらに強調しています。

すべてのMagSafeアクセサリ(それぞれ別売り)にも磁石が含まれており、MagSafeChargerとMagSafe Duo Chargerには無線が含まれています。これらの磁石と電磁界は、医療機器に干渉する可能性があります。

All MagSafe accessories (each sold separately) also contain magnets—and MagSafe Charger and MagSafe Duo Charger contain radios. These magnets and electromagnetic fields might interfere with medical devices.

About the magnets inside iPhone 12, iPhone 12 mini, iPhone 12 Pro, iPhone 12 Pro Max, and MagSafe accessories

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月25日 by M林檎